一生に一度の結婚式!準備を始める時期と指輪の選び方を徹底解説します。

結婚式・指輪の準備

結婚の一大イベントと言えば結婚式と婚約・結婚指輪の購入です。

 

一般的には男性がプロポーズをする前に婚約指輪を買っておくものですが、昨今はかしこまったプロポーズをせずに結婚を決めて、2人で婚約指輪を買う方が増えています。

 

結婚式場探しや指輪を買うタイミングに特別なルールはないですが、結婚指輪と結婚式の準備はお互いの親への報告・挨拶を済ませてから行うことが一般的です。

 

 

婚約指輪の選び方

結婚指輪と婚約指輪

 

ひと昔前は給料の3ヶ月分が婚約指輪の相場と言われていましたが、近年は婚約指輪に予算をかけないカップルが増えています。

 

婚約指輪は一般的に石が入っているものが望ましく、婚約してから結婚するまでの期間と、冠婚葬祭など特別な時にしかつけないものです。
女性側としても、結婚後にたまにしかつけない婚約指輪にお金を使うよりも、結婚指輪や結婚式・新生活の準備にお金をかけて欲しいと考える方が増えています。

 

プロポーズ前の準備でサイズが分からない場合は、一部で後からサイズを直せる指輪もありますが、タイプなどの選択肢が限られてしまいます。
サイズが分からない場合は、プロポーズの時は花束を用意して、婚約指輪はサイズが分からなかったから買っていない旨を伝えても問題ありません。

 

予算や買うタイミングは、人それぞれの価値観で問題ありませんが、男性だけのセンスで選ぶ場合はプラチナにダイヤなど無難なデザインにするとよいでしょう。

 

 

結婚指輪の準備

 

結婚指輪は結婚式もしくは婚姻届を提出するタイミングまでに用意できれば問題ありません。
お互いに話し合って予算と購入するタイミングを決めましょう。

 

結婚指輪は日常生活で身に付けるものなので、石無しのオーソドックスなデザインが主流です。
以前はプラチナの細いリングが定番でしたが、昨今はハワイアンジュエリーをはじめ、凝ったデザインやゴールド・シルバーの結婚指輪も人気になっています。

指輪のタイプによっては注文から届くまで3ヶ月以上かかることもあるので、早めに準備しておきましょう。

 

結婚指輪は男性が2つ分の代金を負担するケースもあれば、働いている女性が自分の指輪は自分で買うケースもあります。
指輪の準備でケンカしないためにも、なるべく女性側の意見を尊重して指輪選びをしましょう。

 

予算をオーバーする際は、女性側もお金を出してほしい旨を素直に伝えてみてください。

 

 

結婚式の準備

結婚式の準備チェックリスト

 

結婚式場の予約は、親族・友人などを招待する期間の都合で短くても3ヶ月以上先にするべきです。
人気の結婚式場は1年以上先まで予約が埋まっていることがあるので、式場選びはなるべく早めに行いましょう。

 

結婚式場の内覧は、安い料金で食事をできるプランもあるので、あえて色々な結婚式場を巡るカップルもたくさんいますよ。

 

結婚式の準備は、やるべきことがたくさんあります。
準備が必要な項目と期間については、こだわりの条件や予算・希望するプランによって変わってきます。

 

準備の負担を少なくしたい場合は、招待状の作成やウェルカムボードなどを全て業者に委託して済ませることもできますが、自分で色々と準備すれば予算を抑えられて自分達らしい結婚式になります。

 

内容を問わず、できるのであれば1年以上前から結婚式場選びを始めて、低予算や自分達らしい結婚式にしたいのであれば手間暇をかけて準備する心構えを持っておきましょう。

ページの先頭へ戻る