独身女性におすすめ|結婚前にしておくべき美容投資についてご紹介します。

美容を存分に

フェイシャルエステを受けている女性

結婚すると、独身の時より自由に使えるお金と時間が少なくなってしまいます。
独身のうちに美容を存分に楽しんではいかがでしょうか?

 

ただし、残り僅かな独身時代に美容を取り組む場合は、結婚式と出産の予定を考慮することが大切です。

 

 

おすすめ施術の「脱毛」

独身のうちに脱毛を済ませておく行為は男女ともにおすすめです。
脱毛は毛周期の関係で何度も通わないといけません。
長期コースで契約しておけば、結婚した後も脱毛に通うことができますよ。

 

脱毛したつるつるの脚

男性は結婚すると自分の時間が少なくなり、子供ができれば寝不足になりやすいです。
ヒゲ脱毛をしておけば、見た目の改善だけではなく時間に余裕ができるメリットがあります。

 

女性の場合は、脱毛することで綺麗な肌状態で結婚式にのぞむことができます。
ワキ・腕などウエディングドレスで露出する部位のムダ毛が気になる方は、早めに脱毛へ通っておきましょう。

 

 

結婚式を挙げるならブライダルエステ

結婚式を挙げる女性はブライダルエステを検討してみてください。
独身のうちに自分のお金で思う存分エステを楽しみたいと思う方もいますが、ブライダルエステなら婚約者からお金を出してもらえるかもしれません。

 

結婚式場によっては、エステサロンと提携して安くブライダルエステを提供しているケースがあり、お得に施術を受けられる可能性もあります。

 

エステにお金をかけることを否定する男性パートナーがいる場合でも、「ブライダルエステはみんな受けるものだから」と言えば、納得してもらえますよ。

 

結婚式を挙げない場合や結婚式を挙げた後は、一時的にエステ通いで綺麗になっても、出産をきっかけに肌状態と体型が悪化してしまいます。

 

すぐに子供を作る予定があれば、無理に独身時代に駆け込みでエステ通いをするのではなく、産後に使うエステ代のためにヘソクリを残しておきましょう。

 

整形をするのはアリ?

以下の条件が揃っている方は、結婚直前に整形手術をすることもアリです。

 

  • 婚約者が理解してくれている
  • 寿退職する予定
  • 引っ越す予定(将来的に転勤の可能性有り)
  • 結婚式を挙げない

 

結婚すると環境が変わり、接する人が大幅に変わるものです。
パートナーが理解してくれて、独身時代の友人・知人と疎遠になる可能性があれば、独身のうちに思い切って整形するのも悪くありません。

 

結婚式を挙げて職場の同僚など新婦側の招待客をたくさん呼ぶ前は、結婚前に整形すると噂になってしまうので慎重に検討しましょう。

 

アイプチをしている方が二重手術をするなど、結婚して家事・育児に追われた時に楽できる整形手術は特におすすめです。

 

美容グッズを揃える

残り僅かな独身時代に美容へお金をかけるなら、エステのようなその場限りのものではなく、ドライヤー・シャワーヘッド・家庭用美容器など自宅で使える美容グッズを揃えるとよいでしょう。

ホワイトニングをするための機械

 

新生活に向けて、日用品も美容効果が高い物を揃えておくと、ずっと役に立ちますよ。
婚約者と一緒に日用品を揃える場合、高価な物を買おうとすると反対されやすいです。

 

新生活が始まる前に、結婚後も役立つ美容グッズを揃えておきましょう。

ページの先頭へ戻る