友達との時間を大切に|結婚前だからこそできることを楽しみませんか?

友達との時間

道を歩きながら話す女性2人

結婚すると友達と過ごせる時間が減ってしまいます。
残り僅かな独身のうちに、友達との時間を満喫しましょう。

 

実際に結婚すると、どれくらい友達との時間が少なくなるのかも含めて、独身のうちに友達との時間を大切にするメリットを紹介いたします。

 

同棲・妊娠の有無がポイント

結婚して友達との時間が減る理由は、子育てと夫婦生活の2パターンです。
結婚する前から同棲していて妊娠していない場合は、結婚してもすぐに友達との関係に影響が出ません。

 

口論になっているカップル

結婚をきっかけに一緒に住むようになると、金銭面とパートナーによる嫉妬の2つの問題が出てきます。
それまで実家暮らしだった方が結婚して家を出た場合、独身時代に比べて遊ぶお金が少なくなるものです。

 

また、自分で稼いだお金であっても夫婦のお金になるため、友達との遊びでお金を使いすぎると夫婦ゲンカの原因になります。

 

 

遊び方が変わる

遠くに引っ越した場合を除いて、結婚しても親友クラスの友達であれば頻繁に会うことが可能です。
しかし、子供やパートナーからの嫉妬、お金の面で独身の頃と遊び方が変わってきます。
旅行やコンサートなどお金を使う遊び方をするのが難しくなり、お酒を飲みに行く際も終電過ぎにタクシーで帰宅するのが困難になります。

 

結婚が決まって独身の時間が残り僅かになったら、独身のうちにしかできない遊びを満喫しましょう!

 

 

結婚後のよくあるパターン

乾杯している女性の手

結婚後の友達との交流は、女性の場合は会う頻度は多いものの、遠出をする機会が少なくなります。
子供ができた場合は、友人を家に招いて募った話をする遊び方が増えていくでしょう。

 

男女ともに友人とお酒を飲む機会は少なくなりやすく、特に仕事でお酒の席がある人ほど、友人と飲みに行ける時間が制限されてしまいます。

 

友人と完全に縁が切れなくても、実際に会って遊べるのは年末を中心に年に数回程度になってしまうことが多いです。

 

 

独身のうちに友達の輪を広げておく?

自分が結婚しても友達が独身であれば、友達に予定を会わせてもらうことで頻繁に遊ぶことができます。
しかし、歳を取るにつれて友達も結婚する人が増えていき、それぞれの家庭の都合で予定が合わなくなるものです。

 

結婚した後も友達と遊ぶ時間を確保したい方は、フットワークが軽い独身のうちに友達の輪を広げておくとよいでしょう。

 

あえて、結婚が決まってから先に結婚して最近疎遠になった友達に連絡して距離を縮めておくことも効果的です。

ページの先頭へ戻る