親との時間を作っておくと、結婚後の生活もうまくいきやすいでしょう。

親との時間

両親と会話する女性

結婚が決まったら、独身のうちに親との時間を作るようにしましょう。
親と会うことや親孝行は結婚してからもできますが、夫・妻という新しい家族ができると、親との付き合い方が変わってくるものです。

 

また、結婚が決まってから親との思い出作りをすれば、結婚式で使うムービーやスライドショー、アルバム展示などで役立ちますよ。
実家から遠く離れた場所へ転居する方だけではなく、親の近くに住み続ける場合でも親と過ごす時間を大切にしてください。

 

結婚前は婚約者抜きの付き合いを

婚約者と自分の親には早く仲良くなって欲しいと思うものですが、配偶者と自分の親は結婚してから一緒に過ごす時間がたくさんできます。
結婚前であれば自分と親。もしくは兄弟姉妹を交えた家族だけの時間を大切にするとよいでしょう。

 

理想は結婚前に親と一緒に旅行へ行くことですが、既に実家を出ている方や親との距離感があった場合は実家で過ごすか一緒に食事をするだけでも構いません。
自分自身の親との距離感を縮めておくと、結婚してから役に立つことが多いですよ。
結婚前に親と交流する場合は、結婚式で使える写真をたくさん撮っておくとよいでしょう。

 

親に料理を教わる

料理教室のイメージ

それまで実家暮らしだった場合や小まめに実家へ帰っていた場合は、新婚生活が始まると家庭の味が恋しくなることが多いです。
結婚してから不慣れな家事のストレスを抱えている中で実家に帰ると甘えてしまうものですので、新生活が始まる前に親から好きな料理の作り方を教わっておくと良いでしょう。

 

料理のレパートリーが増えると新婚生活が楽になりますし、普段はパートナーが料理を作る場合でも実家の味付け方法を知っておくと、食生活でストレスを感じにくくなります。
結婚前にパートナーの手料理を食べる機会が少なかった人は、親から料理を教わっておく必要性が特に高いですよ。

 

 

親の理解を得ておく重要性

結婚前に交際相手の存在や結婚のプランを親に話しをしていなかった場合は、親と向き合って話しをして理解を得ておくことが大切です。
婚約者からの挨拶を済ませて、結婚に対する親の了承を得ていた場合でも、心の奥では納得していない場合があります。

 

特にスピード婚や授かり婚は寂しさを感じやすく、親が結婚相手に愛しい息子・娘を奪われた感情を抱くことも珍しくありません。
親と向き合って、結婚相手への気持ちや自分の人生プラン、親へ対する感謝の想いや結婚後も大切に扱っていく気持ちをしっかり伝えてあげましょう。

 

心の底から親の理解を得ておかないと、結婚後に配偶者と親が良好な関係を築けなくなるリスクが高まります。
結婚生活は親が原因で上手くいかなくなることを珍しくありません。結婚後にパートナーと幸せな家庭を築くためにも、親の理解を得ておく重要性を理解してください。

 

「結婚の承認=親の理解」とは限らないことを理解し、親が気になっているであろう不安要素を取り除く努力をしましょう。
結婚前に過ごす親との時間は、自分や親をハッピーにさせるだけではなく、その場にはいない結婚相手も幸せにすることができます。

ページの先頭へ戻る